農のオーベルジュ 白金の森

レストラン予約
宿泊予約
宿泊予約
レストラン予約

白金の森がある「菊池の話」

Kikuchi -- the place Shirokane no Mori is

私たちが「農のオーベルジュ 白金の森」を
オープンするに至った背景には、
「菊池市の素晴らしさ」が欠かせません。
自然に恵まれ、食に恵まれ、歴史と文化のあるこの場所だからこそ、
白金の森は存在するのです。

心と体の休息に…… 癒しの里・菊池市

熊本県北東部に位置し、人口は5万人弱(2019年10月現在)。約280平方メートルの土地面積の半分以上は林野で、北部の八方ヶ岳から、東部の阿蘇外輪山の鞍岳まで山岳が連なり、菊池川の源流など、豊かな自然に囲まれた地域です。

また、福岡や大分など隣県にも近く、阿蘇くまもと空港からは国道325号を一本まっすぐに進むだけと、他県からのアクセスの良さもあり、県内外からの観光客にも喜ばれています。

もちろん、アクセスの良さだけではありません。美肌に嬉しいと評判の温泉が市全体に点在し、四季の移ろいを感じる風景、豊かな自然に育まれた特産品の数々も人気の理由。「癒しの里菊池」をキャッチコピーに市がPRするほど、都会の喧噪を忘れた時間を過ごすことが出来る要素がたくさんあります。

九州の一大豪族・菊池一族から見る、菊池の歴史・文化

菊池市を語る上で欠かせないのが「菊池一族」です。

菊池市を中心に、平安時代後期から室町時代にかけての450年間活躍した武士の一族。源氏物語・蒙古襲来絵詞、太平記などの歴史書物にも記されているほどの九州の一大豪族です。

志を貫き通す信念、受け継がれた誇りなど、その熱い魂は、現代の人々を魅了してやまないのです。

令和元年(2019年)は、第15代当主・菊池武光公の生誕700年の年として、さまざまな催しが行われています。歴史に想いを馳せながら、菊池一族の足跡を辿る旅はいかがでしょう?

お腹を満たし心を満たす、自然が育む菊池の食

  • 米
  • 水田ごぼう水田ごぼう
  • ヤーコンヤーコン
  • キクイモキクイモ

菊池渓谷をはじめとする豊かな水資源、肥沃な大地が育む農林畜産物は数多く、代表する米「七城のこめ」は「食味ランキング11年連続13回目の『特A』」を受賞。さらに素晴らしいのが、ブランド米でなくとも、「みずみずしく艶のある米」として菊池で育つ米自体、高い人気を誇っています。

他にも、水田で育つ「水田ごぼう」は柔らかく風味が豊かですし、米を食べて育つ「えこめ牛」や、サツマイモのような見た目なのに、食べると大根のような、栄養たっぷりの「ヤーコン」、梨、シイタケ、お茶、キクイモなど、1年を通して旬を味わうことが出来ます。

参考資料:

菊池市公式ホームページ菊池の観光ナビ「きくち物語」

周辺おすすめマップ

PAGE SCROLL